痛散湯 価格

痛散湯を続ける時に重要な価格とは?

痛散湯 価格

 

関節痛や神経痛を改善してくれる医薬品の中でも、漢方を使用してリウマチにも効果があるとされているのが再春館製薬所の痛散湯です。

 

漢方は、普通のお薬より飲むのが難しく効果であると思われている方も多いのですが、痛散湯もそうなのではないかと心配になってしまいますよね。

 

実は痛散湯は無料のお試しセットがあるという事で気軽に始めることができるそうなのですが、気になるのは続けていく際に重要になってくる価格や飲み方でしょう。

 

痛散湯を使ってみたいと考えている方のために、今回は購入の決め手となるであろう、価格や飲み方などについてお話させていただきます。

 

タイプによって価格が変わる痛散湯

痛散湯 価格

 

痛散湯には2つのタイプがあります。普通のお薬と同じように飲むことができ、30日分の90包の価格が14040円(税込)である顆粒タイプ。

 

そして煎じる手間がいりますが飲みやすく、30日分の30包の価格が12960円(税込)である煎じ薬です。

 

どちらの痛散湯にしても価格が1万円を超えるのか、と驚かれるかもしれません。しかし1日当たりの価格が約400円ということですから、外でお茶をするより安いと言えるでしょう。

 

1日たったの400円という価格で、関節痛やリウマチなどの辛い痛みから解放・もしくは和らげるのです。さらには痛みが出にくくなる体へと変えていく事ができるというのですから、それほど高くないと言えるでしょう。

 

タイプによって異なる痛散湯の飲み方

痛散湯 価格

 

痛散湯のタイプは2つに分けられていて価格は異なりますが、その効果や効能には違いがありません。ですから価格面と飲み方などの相性を考慮して、自分が続けやすいと思われる方を選ばれるのが1番でしょう。

 

少しでもリーズナブルに続けたいという方は、煎じ薬を選ばれます。ただ、仕事などで外に出る機会が多いという方であれば、煎じ薬は持ち運びにくく飲み忘れやすいといった問題が出てくることでしょう。

 

煎じ薬の飲み方は、まず自分で煎じるところから始まります。600mlの水と痛散湯の包み1つをやかんに入れ、火にかけて半分の量にまで煎じたものが1日分となります。

 

それを3等分し、1日に3回飲むことになります。漢方薬ではお馴染みの飲み方ですから、既にご存知の方もいるかもしれませんね。

 

600mlとが300mlとか言われてもよくわからないという方もいますが、痛散湯の煎じ薬は600mlと300mlに目盛りがついた専用のやかんがプレゼントとしてついてきます。

 

ですから初めて煎じ薬を使うという方でも簡単に作ることができますよ。この専用のやかんはIHでも使う事ができますし、お手入れがしやすく使いやすい工夫が施されているので、煎じるのが面倒になるという事は起こりにくいと言えるでしょう。

 

どちらも無料で試すことができる痛散湯

痛散湯 価格

 

しかし顆粒タイプと煎じ薬、どちらの痛散湯が自分に合っているのかということは、実際に使ってみないとわかりません。いざ購入してから、ちょっと飲みにくいかもと後悔することになるかもしれませんよね。

 

先ほど、価格や飲み方の相性を考慮してというお話をさせて頂きましたが、価格の面は一目瞭然で簡単に比較できますが、どちらが飲みやすいか、続けやすそうかといった事は、実際に両方を使ってみないと分かりませんよね。

 

価格が安いからという事で煎じタイプを選んだけれど、面倒で続けられなかったでは意味がありませんし、顆粒だと飲みにくくて続けられなかったでは元も子もありませんよね。

 

そこで痛散湯は、無料のお試しセットを用意してくれています。これならどちらが自分に合っているのかという事を購入前に知ることができますし、より続けやすい方を選ぶことができるでしょう。

 

無料のお試しセットの申し込みは再春館製薬所の公式サイトで簡単にできますから、痛散湯が気になっているという方は一度試してみてくださいね。

痛散湯を続ける時に重要な価格とは?関連ページ

再春館製薬所という会社について〜痛散湯の生みの親〜
痛散湯を知るために販売元である会社について知っておくのも大切です。 再春館製薬所とはどんな会社なのかということを詳しく見てみましょう。
誰もが利用している楽天やアマゾンでの痛散湯の取り扱いとは?
通販サイトでなら簡単に痛散湯を購入できるはずだ。 しかし実際に探してみて見つけることができなかったら焦ってしまいますよね。 痛散湯の取扱店舗についてまとめてみました。